小承気湯

小承気湯

商品説明

①お腹の張り、②便秘傾向、③脳症
陽明病で使用する。身体の中に熱がこもり、熱性疾患であれば高熱が続く場合に用いる。

※組成
大黄(だいおう):タデ科、瀉下薬 — 攻下薬/寒
枳実(きじつ):ミカン科、理気薬/微寒
厚朴(こうぼく):モクレン科、化湿薬/温

※生薬の解説
・大黄には、瀉下作用(排便を促す作用)と消炎解熱作用がある。
・厚朴は、気を巡らせる作用がある。身体を巡っている気がうまく巡らず、どこかに溜まっており、例えばお腹が張ったり、胸に物が詰まっているような感じがする時に使用する。
・枳実は、気を巡らせる作用があり、ぐっと固まった気が対象である。例えば、筋肉が痙攣する場合は、芍薬と甘草を使った方剤をよく使うが、腹直筋の緊張が太い感じに触れる時は、さらに枳実が入ったものを使用する。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする