清上防風湯

清上防風湯

商品説明

①にきび、②頭部の炎症、③実証
にきびの第一選択薬として用いる。頭部の化膿性の病変に用いる。

※組成
黄連(おうれん):キンポウゲ科、清熱薬 — 清熱燥湿薬/寒
黄芩(おうごん):シソ科、清熱薬 — 清熱燥湿薬/寒
山梔子(さんしし):アカネ科、清熱薬 — 清熱瀉火薬/寒
荊芥(けいがい):シソ科、解表薬 — 発散風寒薬/微温
連翹(れんぎょう):スイカラズ科、清熱薬 — 清熱解毒薬/寒
防風(ぼうふう):セリ科、解表薬 — 発散風寒薬/微温
薄荷(はっか):シソ科、解表薬 — 発散風熱薬/涼
白芷(びゃくし):シソ科、解表薬 — 発散風寒薬/温
枳実(きじつ):ミカン科、理気薬/微寒
桔梗(ききょう):キキョウ科、化痰薬/平
川芎(せんきゅう):セリ科、活血化瘀薬 —活血止痛薬/温
甘草(かんぞう):マメ科、補虚薬 — 補気薬/平

※生薬の解説
・黄連は、横隔膜前後から上の熱を冷まし、黄芩は、横隔膜前後の熱を冷ます。また黄連と黄芩は消炎剤として幅広く用いられる。充血、炎症を抑制し、特に動脈性の出血を止める。さらに、鎮静作用、健胃作用、降圧作用などがある。
・山梔子は、五臓の熱を冷ます。
・防風、連翹、荊芥には体表を整える作用がある。
・薄荷と白芷は血と気を巡らす作用がある。
・桔梗、枳実には去痰作用がある。
・川芎は精油分が多く、独特の香気を持っている。これが血行を良くして、特に頭部の鬱血、充血を取り除き、気を巡らし痛みと止める。
・甘草は胃腸機能を整え、緊張を取る。肺の潤いを補う。また薬物、食物の中毒を解毒し、諸薬を調和する。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする