清肺湯

商品説明

①切れにくい痰、②咳、③中間証
中間証で、痰が多く急性気管支炎や慢性気管支炎に用いる。

※組成
黄芩(おうごん):シソ科、清熱薬 — 清熱燥湿薬/寒
桔梗(ききょう):キキョウ科、化痰薬/平
桑白皮(そうはくひ):クワ科、止咳平喘薬/寒
杏仁(きょうにん):バラ科、止咳平喘薬/温
山梔子(さんしし):アカネ科、清熱薬 — 清熱瀉火薬/寒
天門冬(てんもんとう):ユリ科、補虚薬 — 補陰薬/寒
貝母(ばいも):ユリ科、止咳平喘薬 —消化熱痰薬/寒
陳皮(ちんぴ):ミカン科、理気薬/温
大棗(たいそう):クロウメモドキ科、補虚薬 — 補気薬/温
竹茹(ちくじょ):イネ科、化痰薬/微寒
茯苓(ぶくりょう):サルノコシカケ科、利水滲湿薬 — 利水消腫薬/平
当帰(とうき):セリ科、補虚薬 — 補血薬/温
麦門冬(ばくもんとう):ユリ科、補虚薬 — 補陰薬/微寒
五味子(ごみし):モクレン科、収渋薬 —斂肺渋腸薬/温
生姜(しょうきょう):ショウガ科、解表薬— 発散風寒薬/微温
甘草(かんぞう):マメ科、補虚薬 — 補気薬/平

※生薬の解説
・黄芩は、横隔膜前後の熱を冷ます。また消炎解熱作用を持つ。
・天門冬、麦門冬ともに粘液質に富み、肺を潤して清熱去痰の効果がある。貝母も麦門冬とともに、肺を潤して、鎮咳、去痰する。
・桔梗には、去痰排膿作用があり、甘草と組んで咽頭を治す消炎作用がある。
・陳皮は水毒(注1)を取り、胃を温めて腹満を改善する。さらに下痢を伴う消化不良によって引き起こされる食欲不振を改善する。
・桑白皮は杏仁と組んで、肺の炎症、急性の気管支炎、肺気腫に伴う咳、呼吸困難を治す。
・竹茹には、順気や鎮静の効果がある。
・茯苓は、消化管の水や、関節内の水、筋肉内の浮腫、組織間の水など、過剰な水分を血中に吸収して利尿する。
・当帰には、皮膚、筋肉、関節、骨、神経などの外部や経路を温める作用があり、外表、四肢末梢の血行を促進して冷え性を治す。また動脈の血流を良くして、駆瘀血の作用を助ける。なお当帰は主に四肢、下半身の血流を良くして冷え性を治す。
・五味子には収斂作用(組織や血管を縮める作用で止血、鎮痛、炎症抑制などの効果が得られる)がある。
・大棗は緊張を緩和し、補血、強壮、利尿作用がある。
・生姜は体の表面と体内を温める。さらに胃の働きを改善し、余分な水分を除く。健胃鎮嘔作用もある。
・甘草は胃腸機能を整え、緊張を取る。肺の潤いを補う。また薬物、食物の中毒を解毒し、諸薬を調和する。
・大棗、生姜、甘草の3味の組み合わせは、古来より多用されており、自律神経系の調整と自然治癒力の回復に役立っているとされている。

(注1)人体に水分が溜まり、排出されないことによって起こる諸々の症状。冷え・めまい・頭痛・アトピー・鼻炎・喘息・疲労感・頭重感・むくみなどは水毒による症状のである。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする