疎経活血湯

疎経活血湯

商品説明

①腰痛、②瘀血、③実証
実証で、酒をのみ、瘀血のある者に用いる。

※組成
当帰(とうき):セリ科、補虚薬 — 補血薬/温
川芎(せんきゅう):セリ科、活血化瘀薬 —活血止痛薬/温
芍薬(しゃくやく):ボタン科、補虚薬 — 補血薬/微寒
(熟)地黄(じゅくじおう):ゴマノハグサ科、補虚薬 — 補血薬/微温
〜以上、「四物湯」〜
白朮(びゃくじゅつ):キク科、補虚薬 — 補気薬/温
茯苓(ぶくりょう):サルノコシカケ科、利水滲湿薬 — 利水消腫薬/平
桃仁(とうにん):バラ科、活血化瘀薬 —活血調経薬/平(小毒)
牛膝(ごしつ):ヒユ科、活血化瘀薬 —活血調経薬/平
防已(ぼうい):ツヅラフジ科、怯風湿薬/寒
防風(ぼうふう):セリ科、解表薬 — 発散風寒薬/微温
羌活(きょうかつ):セリ科、解表薬 — 発散風寒薬/温
生姜(しょうきょう):ショウガ科、解表薬— 発散風寒薬/微温
白芷(びゃくし):シソ科、解表薬 — 発散風寒薬/温
竜胆(りゅうたん)= 竜胆草:リンドウ科、清熱薬 — 清熱燥湿薬/寒
陳皮(ちんぴ):ミカン科、理気薬/温
威霊仙(いれいせん):キンポウゲ科、怯風湿薬/微温
甘草(かんぞう):マメ科、補虚薬 — 補気薬/平

※生薬の解説
・当帰、川芎、芍薬、地黄の4味で、四物湯となる。四物湯は補血作用があり、皮膚・筋肉・骨の老化防止、造血・調経による貧血や生理不順の改善、止血作用などがある。
・芍薬には、筋肉の異常緊張を和らげる作用がある。
・白朮には胃腸機能を改善し、元気をつけて補う作用がある。
・白朮、茯苓は消化管の水や、関節内、筋肉内、組織間の水など、過剰な水分を血中へ移動させて、利尿する。
・白朮、茯苓、陳皮、羌活、白芷、威霊仙、防已、竜胆は体内の水の巡りを改善する。
・桃仁は、うっ血や瘀血(注1)を除き、静脈のうっ血による病変を伴う疾患を治す。牡丹皮には、さらに抗炎症作用がある。
・牛膝は、腎肝を補い、筋骨を強め、瘀血を除く。また利尿効果や月経を整える作用がある。
・防已には、利尿作用があり、重力の作用で下に溜まる水を除き(下腿浮腫)、また消炎作用がある。
・羌活、白芷、防風、生姜、細辛は血行を良くし、体表部を整える。
・甘草は胃腸機能を整え、緊張を取る。肺の潤いを補う。また薬物、食物の中毒を解毒し、諸薬を調和する。

(注1)瘀血(おけつ)は、血液の流れが、何らかの原因で滞ってしまった状態である。瘀血によって、皮膚の黒ずみ、シミ、肩こり、しこり、頭痛や生理痛などの痛みなどの症状が現れる。

参考)当帰、川芎、芍薬の組み合わせ(当帰芍薬散に含まれる)は温性の駆瘀血剤として、補血、行血に多用される。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする