大黄牡丹皮湯

大黄牡丹皮湯

商品説明

①右下腹部痛、②瘀血(注1)、③虫垂炎の初期
実証の虫垂炎の初期に用いる。肛門周囲膿腫にも効果がある。

(注1)瘀血(おけつ)は、血液の流れが、何らかの原因で滞ってしまった状態である。瘀血によって、皮膚の黒ずみ、シミ、肩こり、しこり、頭痛や生理痛などの痛みなどの症状が現れる。

※組成
大黄(だいおう):タデ科、瀉下薬 — 攻下薬/寒
芒硝(ぼうしょう):硫酸ナトリウム、瀉下薬 — 攻下薬/寒
牡丹皮(ぼたんぴ):ボタン科、清熱薬 — 清熱解毒薬/微寒
桃仁(とうにん):バラ科、活血化瘀薬 —活血調経薬/平(小毒)
冬瓜子(とうがし、とうかし):ウリ科、止咳平喘薬 —消化熱痰薬/寒

※生薬の解説
・大黄と芒硝には消炎解熱作用がある。大黄には瀉下作用(排便を促す作用)があり、また駆瘀血薬とともに用いて瘀血の排除を助ける作用がある。芒硝は腸管内に水分を蓄える働きがある。
・桃仁と牡丹皮は、うっ血や瘀血を除き、静脈のうっ血による病変を伴う疾患を治す。牡丹皮には、さらに抗炎症作用がある。
・冬瓜子は、桃仁、牡丹皮と組んで、炎症を鎮め、排膿し、膿腫を消失させる。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする