半夏白朮天麻湯

半夏白朮天麻湯

商品説明

①頭痛、②胃腸虚弱、③めまい
胃腸虚弱で冷え症、めまい、頭痛を訴える者に用いる。

※組成
人参(にんじん):ウコギ科、補虚薬 — 補気薬/微温
白朮(びゃくじゅつ):キク科、補虚薬 — 補気薬/温
半夏(はんげ):サトイモ科、化痰薬/温(有毒)
茯苓(ぶくりょう):サルノコシカケ科、利水滲湿薬 — 利水消腫薬/平
生姜(しょうきょう):ショウガ科、解表薬— 発散風寒薬/微温
陳皮(ちんぴ):ミカン科、理気薬/温
〜以上、「六君子湯」—「大棗」—「甘草」〜
蒼朮(そうじゅつ):キク科、化湿薬/温
麦芽(ばくが):小麦科、消食薬/平
天麻(てんま):ラン科、平肝熄風薬 — 熄風鎮痙薬/平
神麹(しんきく)= 神曲(しんきょく):小麦科、消食薬/温
黄耆(おうぎ):マメ科、補虚薬 — 補気薬/微温
沢瀉(たくしゃ):オモダカ科、利水滲湿薬 — 利水消腫薬/寒
黄柏(おうばく):ミカン科、清熱薬 — 清熱燥湿薬/寒
乾姜(かんきょう):ショウガ科、温裏薬/熱

※生薬の解説
・人参と白朮には胃腸機能を改善し、元気をつけて補う作用がある。
・半夏には、中枢性の鎮咳作用や鎮静鎮嘔作用があり、加えて痰を溶解する作用もある。半夏が痰を溶解し、茯苓が溶解した水(痰)を血中へ移行させ、陳皮が痰の排出を促す。
・茯苓は水を巡らして胃内停水を改善し、陳皮は胃を温め消化を助ける。
・生姜は体の表面と体内を温める。さらに胃の働きを改善し、余分な水分を除く。健胃鎮嘔作用もある。
・蒼朮は余分な水分を除き、胃の機能を整える。
・神麹と麦芽は、食の消化を助け、胃中の滞りを解消する。
・天麻と沢瀉は、胃腸の機能低下、肝臓の熱によるめまい、頭痛を治す。
・黄耆は、皮膚に水毒がたまるような異常に使用するが、同時に元気を補ったり、免疫力をつけたりする作用がある。
水毒:人体に水分が溜まり、排出されないことによって起こる諸々の症状。冷え・めまい・頭痛・アトピー・鼻炎・喘息・疲労感・頭重感・むくみなどは水毒による症状のである。
・黄柏は、腎と下焦(臍から下の部分)の熱を冷まし、胃燥を潤し、下痢を止める。
・乾姜は主にお腹が温めて、冷えによって起こる腹痛、下痢、悪心、嘔吐などを治す。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする