白虎加桂枝湯

白虎加桂枝湯

商品説明

①強い発熱、②口渇(頻渇)、③自汗
のぼせる傾向があり、上半身に熱症状が出る場合や、頭痛や関節痛を伴う場合に用いる。

※組成
知母(ちも):ユリ科、清熱薬 — 清熱瀉火薬/寒
石膏(せっこう):硫酸カルシウム、清熱薬 — 清熱瀉火薬/大寒
甘草(かんぞう):マメ科、補虚薬 — 補気薬/平
粳米(こうべい):イネ科、補虚薬 — 補気薬/涼
〜以上、「白虎湯」〜
桂枝(けいし):クスノキ科、解表薬 — 発散風寒薬/温


※生薬の解説
・石膏は、熱を冷ます作用があり、熱が強い病態に適応となる。知母も熱を冷ます作用があり、粳米とともに潤いを補い、脱水を防ぐ作用がある。
・甘草は胃腸機能を整え、緊張を取る。肺の潤いを補う。また薬物、食物の中毒を解毒し、諸薬を調和する。
・粳米には、体を潤し、水分を保つ作用があり、胃や肺の機能を補う。
・桂枝は血行を良くし、体表部を整え、解熱、鎮痛、鎮痙、健胃作用の他に、抗菌作用、抗アレルギー作用が報告されている。また桂枝には、全般に様々な薬の作用を表に引っぱる力やのぼせを抑える力がある。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする