麻杏薏甘湯

麻杏薏甘湯

商品説明

①関節痛、②夕方の熱、③実証
水毒により、関節炎となり夕方に発熱が起こる者に用いる。

※組成
麻黄(まおう):マオウ科、解表薬 — 発散風寒薬/温
杏仁(きょうにん):バラ科、止咳平喘薬/温
薏苡仁(よくいにん):イネ科、利水滲湿薬 — 利水消腫薬/寒
甘草(かんぞう):マメ科、補虚薬 — 補気薬/平
「麻黄湯」—「桂枝」+「薏苡仁」

※生薬の解説
・麻黄には気管支筋の痙攣を緩める作用(エフェドリン類似作用)がある。このため、コンコン咳き込む痙攣性の咳やヒューヒューという気管支喘息の発作に用いて、呼吸困難や喘鳴を治す。甘草はこの作用を助ける。
・麻黄と杏仁には、利尿作用があり、滲出性炎症(炎症によって血管壁や組織の性質が変化して、血液や組織液が血管外にしみ出ること)に用いられる。また杏仁には鎮咳去痰作用がある。
・薏苡仁には健胃、利湿、消炎、排膿などの効果があり、筋肉の攣縮を緩和し、皮膚の血燥(皮膚や筋肉の栄養が悪く潤いや光沢・弾力を失うこと)を潤す。
・甘草は胃腸機能を整え、緊張を取る。肺の潤いを補う。また薬物、食物の中毒を解毒し、諸薬を調和する。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする