女神散

商品説明

①月経異常、②神経症状、③のぼせ
更年期の婦人で、のぼせ、めまいのある者に用いる。

※組成
当帰(とうき):セリ科、補虚薬 — 補血薬/温
川芎(せんきゅう):セリ科、活血化瘀薬 —活血止痛薬/温
白朮(びゃくじゅつ):キク科、補虚薬 — 補気薬/温
香附子(こうぶし):カヤツリグサ科、理気薬/平
桂枝(けいし):クスノキ科、解表薬 — 発散風寒薬/温
人参(にんじん):ウコギ科、補虚薬 — 補気薬/微温
檳榔子(びんろうじ):シュロ科、駆虫薬/温
木香(もっこう):キク科、理気薬/温
丁子(ちょうじ)=丁香(ちょうこう):フトモモ科、温裏薬/温
甘草(かんぞう):マメ科、補虚薬 — 補気薬/平
〜以下、「三黄瀉心湯」〜
大黄(だいおう):タデ科、瀉下薬 — 攻下薬/寒
黄芩(おうごん):シソ科、清熱薬 — 清熱燥湿薬/寒
黄連(おうれん):キンポウゲ科、清熱薬 — 清熱燥湿薬/寒

※生薬の解説
・当帰と川芎には、皮膚、筋肉、関節、骨、神経などを温める作用があり、皮膚、四肢末梢の血行を促進して冷え性を治す。また動脈の血流を良くして、瘀血(注1)を除く作用を助ける。当帰は主に四肢、下半身の血流を良くして冷え性を治す。川芎は主に上半身の血流を良くして頭痛を治す。
・白朮は消化管内、関節内、筋肉内、組織間の水など、過剰な水分を血中へ移動させて、利尿する。
・人参と白朮には胃腸機能を改善し、元気をつけて補う作用がある。
・人参には、造血作用と胃酸を増加させる作用がある。
・檳榔子は人参とともに胃腸機能を促進し、腹張り、膨満感を治す。
・木香が気を整えて、健胃整腸作用を強める。
・川芎、桂枝、丁子は、血行を良くして瘀血の除去を助ける。
・香附子は、気分の滞りを除き、血を巡らして、月経を整える。
・甘草は胃腸機能を整え、緊張を取る。肺の潤いを補う。また薬物、食物の中毒を解毒し、諸薬を調和する。
・黄連は、横隔膜前後から上の熱を冷まし、黄芩は、横隔膜前後の熱を冷ます。また黄連と黄芩は消炎剤として幅広く用いられる。充血、炎症を抑制し、特に動脈性の出血を止める。さらに、鎮静作用、健胃作用、降圧作用などがある。
・大黄には、瀉下作用(排便を促す作用)と消炎解熱作用がある。

(注1)瘀血(おけつ)は、血液の流れが、何らかの原因で滞ってしまった状態である。瘀血によって、皮膚の黒ずみ、シミ、肩こり、しこり、頭痛や生理痛などの痛みなどの症状が現れる。

商品金額・容量等

商品金額:6,000円(税抜)
7日間服用した場合の目安金額:2,520円(税抜)
14日間服用した場合の目安金額:5,040円(税抜)
最低購入量:100g
服用量(数量):6g

この商品について相談をする