防風通聖散

防風通聖散

商品説明

①便秘、②慢性気管支炎、③太鼓腹(水毒、脂ぎったタイプ)
体の熱をさまし、病因を発散させるような働きがある。また、体の水分循環を改善し、便通をつける作用もある。

※組成
当帰(とうき):セリ科、補虚薬 — 補血薬/温
芍薬(しゃくやく):ボタン科、補虚薬 — 補血薬/微寒
川芎(せんきゅう):セリ科、活血化瘀薬 —活血止痛薬/温
山梔子(さんしし):アカネ科、清熱薬 — 清熱瀉火薬/寒
荊芥(けいがい):シソ科、解表薬 — 発散風寒薬/微温
連翹(れんぎょう):スイカラズ科、清熱薬 — 清熱解毒薬/寒
防風(ぼうふう):セリ科、解表薬 — 発散風寒薬/微温
薄荷(はっか):シソ科、解表薬 — 発散風熱薬/涼
生姜(しょうきょう):ショウガ科、解表薬— 発散風寒薬/微温
麻黄(まおう):マオウ科、解表薬 — 発散風寒薬/温
白朮(びゃくじゅつ):キク科、補虚薬 — 補気薬/温
桔梗(ききょう):キキョウ科、化痰薬/平
黄芩(おうごん):シソ科、清熱薬 — 清熱燥湿薬/寒
石膏(せっこう):硫酸カルシウム、清熱薬 — 清熱瀉火薬/大寒
滑石(かっせき):ケイ酸塩類、利水滲湿薬 — 利尿通淋薬/寒
〜以下、「調胃承気湯」〜
大黄(だいおう):タデ科、瀉下薬 — 攻下薬/寒
芒硝(ぼうしょう):硫酸ナトリウム、瀉下薬 — 攻下薬/寒
甘草(かんぞう):マメ科、補虚薬 — 補気薬/平

※生薬の解説
・当帰と川芎には、皮膚、筋肉、関節、骨、神経などを温める作用があり、皮膚、四肢末梢の血行を促進して冷え性を治す。また動脈の血流を良くして、瘀血(注1)を除く作用を助ける。当帰は主に四肢、下半身の血流を良くして冷え性を治す。川芎は主に上半身の血流を良くして頭痛を治す。
・芍薬には、筋肉の異常緊張を和らげる作用がある。また血液成分の中の水分を利水する。
・山梔子は、五臓の熱を冷ます。
・荊芥、防風、連翹の3味は葛根のように表寒を発散し、清熱をするグループ「荊防連」と呼ばれている。皮膚の熱と毒を発散して、諸薬を表に働かせる。また麻黄にも発汗作用がある。
・薄荷は憂鬱感や精神的な原因による胸の痞えや胸肋の膨満感を治す。
・生姜は体の表面と体内を温める。さらに胃の働きを改善し、余分な水分を除く。健胃鎮嘔作用もある。
・桔梗には、去痰排膿作用があり、甘草と組んで咽頭を治す消炎作用がある。
・黄芩は、横隔膜前後の熱を冷ます。
・ 石膏は、熱を冷ます作用があり、熱が強い病態に適応となる。
・滑石は消化管の過剰な水分を血中へ移動させて、利尿する。さらに滑石は熱を除いて熱毒を治す。
・大黄と芒硝には消炎解熱作用がある。大黄には瀉下作用(排便を促す作用)があり、また駆瘀血薬とともに用いて瀉下によって瘀血の排除を助ける作用がある。芒硝は腸管内に水分を蓄える働きがある。
・甘草は、清熱解毒作用を持ち、諸薬を調和する。また瀉下による腹痛を緩和する。

(注1)瘀血(おけつ)は、血液の流れが、何らかの原因で滞ってしまった状態である。瘀血によって、皮膚の黒ずみ、シミ、肩こり、しこり、頭痛や生理痛などの痛みなどの症状が現れる。

参考)当帰、川芎、芍薬の組み合わせ(当帰芍薬散に含まれる)は温性の駆瘀血剤として、補血、行血に多用される。

商品金額・容量等

商品金額:6,000円(税抜)
7日間服用した場合の目安金額:2,520円(税抜)
14日間服用した場合の目安金額:5,040円(税抜)
最低購入量:100g
服用量(数量):6g

この商品について相談をする