胃風湯

商品説明

急性の下痢や胃腸炎よりも、むしろ原因が分からない慢性下痢に使う。虚弱な人の胃腸障害などにも使用する。

こんな方にオススメ
①慢性下痢、②体質虚弱、③妊娠中の下痢

配合成分
当帰(とうき):セリ科、補虚薬 — 補血薬/温
川芎(せんきゅう):セリ科、活血化瘀薬 —活血止痛薬/温
芍薬(しゃくやく):ボタン科、補虚薬 — 補血薬/微寒
茯苓(ぶくりょう):サルノコシカケ科、利水滲湿薬 — 利水消腫薬/平
白朮(びゃくじゅつ):キク科、補虚薬 — 補気薬/温
人参(にんじん):ウコギ科、補虚薬 — 補気薬/微温
桂枝(けいし):クスノキ科、解表薬 — 発散風寒薬/温
栗(くり):ブナ科、温裏薬/温
〜「当帰芍薬散」—「沢瀉」+「人参、桂枝、栗」〜

※生薬の解説
・当帰と川芎には、皮膚、筋肉、関節、骨、神経などを温める作用があり、皮膚、四肢末梢の血行を促進して冷え性を治す。また動脈の血流を良くして、瘀血(注1)を除く作用を助ける。当帰は主に四肢、下半身の血流を良くして冷え性を治す。川芎は主に上半身の血流を良くして頭痛を治す。
・芍薬には、筋肉の異常緊張を和らげる作用がある。
・白朮、茯苓、桂枝は消化管の水や、関節内、筋肉内、組織間の水など、過剰な水分を血中へ移動させて、利尿する。
・人参と白朮には胃腸機能を改善し、元気をつけて補う作用がある。
・栗には胃腸機能の改善や体を温める作用がある。

(注1)瘀血(おけつ)は、血液の流れが、何らかの原因で滞ってしまった状態である。瘀血によって、皮膚の黒ずみ、シミ、肩こり、しこり、頭痛や生理痛などの痛みなどの症状が現れる。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする