胃苓湯

商品説明

①腹痛、②下痢、③嘔吐
水毒により、腹痛、下痢、嘔吐などの急性胃腸炎の炎症を起こしたものに用いる。夏期の水あたり、食あたりに大変効果的である。

水毒:人体に水分が溜まり、排出されないことによって起こる諸々の症状。冷え・めまい・頭痛・アトピー・鼻炎・喘息・疲労感・頭重感・むくみなどは水毒による症状のである。

※組成
蒼朮(そうじゅつ):キク科、化湿薬/温
厚朴(こうぼく):モクレン科、化湿薬/温
陳皮(ちんぴ):ミカン科、理気薬/温
大棗(たいそう):クロウメモドキ科、補虚薬 — 補気薬/温
生姜(しょうきょう):ショウガ科、解表薬— 発散風寒薬/微温
甘草(かんぞう):マメ科、補虚薬 — 補気薬/平
猪苓(ちょれい):サルノコシカケ科、利水滲湿薬 — 利水消腫薬/平
茯苓(ぶくりょう):サルノコシカケ科、利水滲湿薬 — 利水消腫薬/平
沢瀉(たくしゃ):オモダカ科、利水滲湿薬 — 利水消腫薬/寒
桂枝(けいし):クスノキ科、解表薬 — 発散風寒薬/温
白朮(びゃくじゅつ):キク科、補虚薬 — 補気薬/温
芍薬(しゃくやく):ボタン科、補虚薬 — 補血薬/微寒

※生薬の解説
・白朮、厚朴、陳皮には、整腸作用がある。厚朴は下痢に伴う腹痛を止める。陳皮は下痢を伴う消化不良によって引き起こされる食欲不振を改善する。
・白朮、茯苓は、消化管内、関節内、筋肉内、組織間の水など、過剰な水分を血中へ移動させて、利尿する。
・猪苓と沢瀉は腎臓に働きかけて、血中の過剰の水分を尿として排出する。
・桂枝は、腎血流量を良くして利尿を助ける。
・陳皮は水毒を取り、胃を温めて腹満を改善する。また生姜は胃中の水毒を除く。
・大棗、甘草は諸薬を調和する。
・芍薬には、筋肉の異常緊張を和らげる作用がある。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする