茵蔯蒿湯

茵蔯蒿湯

商品説明

①黄疸、②上腹部の不快感、③便秘
便秘、腹満、尿減少、口渇などの症状がある者に用い、急性肝炎、蕁麻疹に用いる機会が多い。

※組成
茵陳蒿(いんちんこう):キク科、利水滲湿薬 — 利湿退黄薬/微寒
山梔子(さんしし):アカネ科、清熱薬 — 清熱瀉火薬/寒
大黄(だいおう):タデ科、瀉下薬 — 攻下薬/寒

※生薬の解説
・茵陳蒿は胆嚢収縮に働き、胆汁分泌を促進する。その利胆作用は強く、単味で使用しても胆汁分泌作用は約70%増加すると言われている。さらに、消炎、抗菌、解熱、利尿作用がある。
・山梔子にも利胆作用がある。山梔子の主成分であるジェニポサイドは、そのままでは利胆作用が無いが、加水分解されたジェニピンには著明な利胆作用がある。また山梔子には消炎作用もあり、大黄の消炎作用と協力して急性の炎症に効果がある。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする