黄連湯

商品説明

①心窩部痛、②嘔吐、③舌の奥の黄色の舌苔
半夏瀉心湯の黄芩の代わりに桂皮を入れたもの。熱状のある腹痛嘔吐の感冒性胃腸炎によく用いる。

※組成
黄蓮(おうれん):キンポウゲ科、清熱薬 — 清熱燥湿薬/寒
半夏(はんげ):サトイモ科、化痰薬/温(有毒)
桂皮(けいひ):クスノキ科、解表薬 — 発散風寒薬/温
乾姜(かんきょう):ショウガ科、温裏薬/熱
人参(にんじん):ウコギ科、補虚薬 — 補気薬/微温
大棗(たいそう):クロウメモドキ科、補虚薬 — 補気薬/温
甘草(かんぞう):マメ科、補虚薬 — 補気薬/平

※生薬の解説
・黄連は、横隔膜前後から上の熱を冷まし、充血、炎症を抑制する作用がある。
・半夏と乾姜には、悪心、嘔吐を止める作用がある。
・乾姜は、体を温める作用がある。従って、黄連で熱を冷ましながらも、乾姜で胃の辺りを温めて活力をつけ、補う作用を持っている。また乾姜と甘草はともに、腸鳴、下痢を治す。
・桂枝は血行を良くし、体表部を整え、解熱、鎮痛、鎮痙、健胃作用の他に、抗菌作用、抗アレルギー作用が報告されている。また桂枝には、全般に様々な薬の作用を表に引っぱる力やのぼせを抑える力がある。
・人参は、上腹部の痞え、痛みをとる。また人参は胃腸機能を改善し、元気をつけて補う作用がある。
・大棗は緊張を緩和し、補血、強壮、利尿作用がある。
・甘草は胃腸機能を整え、緊張を取る。肺の潤いを補う。また薬物、食物の中毒を解毒し、諸薬を調和する。また甘草は、大棗とともに痙攣を抑制する。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする