乙字湯

商品説明

①痔核、②便秘、③中間症
様々な痔疾患に用いる。中間症〜実証の痔核に用いる。

※組成
当帰(とうき):セリ科、補虚薬 — 補血薬/温
柴胡(さいこ):セリ科、解表薬 — 発散風熱薬/微寒
黄芩(おうごん):シソ科、清熱薬 — 清熱燥湿薬/寒
大黄(だいおう):タデ科、瀉下薬 — 攻下薬/寒
升麻(しょうま):キンポウゲ科、解表薬 — 発散風熱薬/微寒
甘草(かんぞう):マメ科、補虚薬 — 補気薬/平

※生薬の解説
・当帰は、下部(痔静脈)の血流を良くするために配合されている。
・柴胡、黄芩、升麻、大黄には、消炎解熱作用がある。
・柴胡、升麻には、升堤作用(内から外に引き上げる作用)があり、これは脱出した痔核を肛門内に引き上げる作用がある。
・甘草は、清熱解毒作用を持ち、諸薬を調和する。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする