葛根黄連黄芩湯

葛根黄連黄芩湯

商品説明

①軽い発熱と肩こり、②自汗、③下痢
急性胃腸炎、口内炎、舌炎、肩こり、不眠などの症状に使用する。

※組成
葛根(かっこん):マメ科、解表薬 — 発散風熱薬/涼
黄連(おうれん):キンポウゲ科、清熱薬 — 清熱燥湿薬/寒
黄芩(おうごん):シソ科、清熱薬 — 清熱燥湿薬/寒
甘草(かんぞう):マメ科、補虚薬 — 補気薬/平

※生薬の解説
・黄連は、横隔膜前後から上の熱を冷まし、黄芩は、横隔膜前後の熱を冷ます。また黄連と黄芩は消炎剤として幅広く用いられる。充血、炎症を抑制し、特に動脈性の出血を止める。さらに、鎮静作用、健胃作用、降圧作用などがある。
・葛根には、余計なこわばりを取り除く作用がある。特に首などのこわばりを取り除く作用がある。
・甘草は胃腸機能を整え、緊張を取る。肺の潤いを補う。また薬物、食物の中毒を解毒し、諸薬を調和する。
・黄連のベルベリンと甘草のグリチルリチンの結合によって生ずる物質は有毒な腸内細菌を減らす作用があり、有毒細菌の産生する毒素によっての症状が消失する。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする