加味温胆湯

加味温胆湯

商品説明

①不眠症、②動悸、③精神不安
動悸を伴った精神不安による不眠症に用いる。

※組成
半夏(はんげ):サトイモ科、化痰薬/温(有毒)
茯苓(ぶくりょう):サルノコシカケ科、利水滲湿薬 — 利水消腫薬/平
陳皮(ちんぴ):ミカン科、理気薬/温
生姜(しょうきょう):ショウガ科、解表薬— 発散風寒薬/微温
甘草(かんぞう):マメ科、補虚薬 — 補気薬/平
竹茹(ちくじょ):イネ科、化痰薬/微寒
枳実(きじつ):ミカン科、理気薬/温
〜以上、温胆湯(「半夏〜甘草」=二陳湯)〜
酸棗仁(さんそうにん):クロウメモドキ科、安神薬 — 養心安神薬/平
玄参(げんじん):ゴマノハグサ科、清熱薬 — 清熱解毒薬/寒
遠志(おんじ):ヒメハギ科、安神薬 — 養心安神薬/微温
人参(にんじん):ウコギ科、補虚薬 — 補気薬/微温
(熟)地黄(じゅくじおう):ゴマノハグサ科、補虚薬 — 補血薬/微温
大棗(たいそう):クロウメモドキ科、補虚薬 — 補気薬/温

※生薬の解説
・半夏には、中枢性の鎮咳作用や鎮静鎮嘔作用があり、加えて痰を溶解する作用もある。半夏が痰を溶解し、茯苓が溶解した水(痰)を血中へ移行させ、陳皮が痰の排出を促す。
・茯苓は水を巡らして胃内停水を改善し、陳皮は気を巡らして、胃を温め消化を助ける。
・枳実には気の滞りを改善する作用がある。
・竹茹には、気を巡らす作用や鎮静の効果がある。
・大棗は緊張を緩和し、補血、強壮、利尿作用がある。
・生姜は体の表面と体内を温める。さらに胃の働きを改善し、余分な水分を除く。健胃鎮嘔作用もある。
・甘草は胃腸機能を整え、緊張を取る。肺の潤いを補う。また薬物、食物の中毒を解毒し、諸薬を調和する。
・大棗、生姜、甘草の3味の組み合わせは、古来より多用されており、自律神経系の調整と自然治癒力の回復に役立っているとされている。
・酸棗仁は中枢神経を抑制し、持続する鎮静作用がある。
・玄参、遠志、人参は栄養剤であり、しかも精神安定作用を持っている。
・地黄は余分な血熱を除き、血糖降下作用や緩下、利尿作用などがある。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする