甘麦大棗湯

甘麦大棗湯

商品説明

①けいれん、②神経過敏、③あくび
小児の夜泣き、ヒステリー、チックなどに用いる。

チックは、「ある限局した一定の筋肉群に、突発的、無目的に、しかも不随意(ふずいい)に急速な運動や発声が起きるもの」である。症状は、まばたき、首振り、顔しかめ、口すぼめ、肩上げなど上位の身体部位によく現れる。

※組成
甘草(かんぞう):マメ科、補虚薬 — 補気薬/平
大棗(たいそう):クロウメモドキ科、補虚薬 — 補気薬/温
小麦(しょうばく、こむぎ):イネ科コムギ、安神薬/涼

※生薬の解説
・大棗は、鎮静、鎮痙作用がある。また甘草は、大棗とともに痙攣を抑制する。これらの鎮痙鎮静作用によりヒステリーやてんかんの痙攣などを治す。
・小麦は甘草と組んで、神経の興奮やヒステリーなどを緩和し、不眠症を治す。また甘草は大棗と組んで、不眠、自汗、動悸、ヒステリーを治す。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする