芎帰調血飲第一加減

芎帰調血飲第一加減

商品説明

①月経異常、②産後の諸病、③瘀血
血の道症、産後の体力低下、月経不順などに用いる。

※組成
当帰(とうき):セリ科、補虚薬 — 補血薬/温
川芎(せんきゅう):セリ科、活血化瘀薬 —活血止痛薬/温
(熟)地黄(じゅくじおう):ゴマノハグサ科、補虚薬 — 補血薬/微温
白朮(びゃくじゅつ):キク科、補虚薬 — 補気薬/温
茯苓(ぶくりょう):サルノコシカケ科、利水滲湿薬 — 利水消腫薬/平
陳皮(ちんぴ):ミカン科、理気薬/温
香附子(こうぶし):カヤツリグサ科、理気薬/平
牡丹皮(ぼたんぴ):ボタン科、清熱薬 — 清熱解毒薬/微寒
大棗(たいそう):クロウメモドキ科、補虚薬 — 補気薬/温
艾葉(がいよう):キク科、止血薬 — 温経止血薬/温
生姜(しょうきょう):ショウガ科、解表薬— 発散風寒薬/微温
烏薬(うやく):クスノキ科、理気薬/温
益母草(やくもそう):シソ科、活血化瘀薬 —活血調経薬/微寒
甘草(かんぞう):マメ科、補虚薬 — 補気薬/平
〜以上、「芎帰調血飲」〜
桃仁(とうにん):バラ科、活血化瘀薬 —活血調経薬/平(小毒)
紅花(こうか):キク科、活血化瘀薬 —活血調経薬/温
枳実(きじつ):ミカン科、理気薬/微寒
桂枝(けいし):クスノキ科、解表薬 — 発散風寒薬/温
牛膝(ごしつ):ヒユ科、活血化瘀薬 —活血調経薬/平
木香(もっこう):キク科、理気薬/温
延胡索(えんごさく):セリ科、活血化瘀薬 —活血止痛薬/温
芍薬(しゃくやく):ボタン科、補虚薬 — 補血薬/微寒

※生薬の解説
・当帰と川芎には、皮膚、筋肉、関節、骨、神経などを温める作用があり、皮膚、四肢末梢の血行を促進して冷え性を治す。また動脈の血流を良くして、瘀血(注1)を除く作用を助ける。当帰は主に四肢、下半身の血流を良くして冷え性を治す。川芎は主に上半身の血流を良くして頭痛を治す。
・地黄には消炎止血作用や血流の異常を正常化する作用がある。
・白朮、茯苓は、消化管内、関節内、筋肉内、組織間の水など、過剰な水分を血中へ移動させて、利尿する。
・陳皮、大棗、生姜、烏薬、甘草には健胃作用がある。
・香附子は、気分の滞りを除き、血を巡らして、月経を整える。
・大棗は緊張を緩和し、補血、強壮、利尿作用がある。
・生姜は体の表面と体内を温める。さらに胃の働きを改善し、余分な水分を除く。健胃鎮嘔作用もある。
・甘草は胃腸機能を整え、緊張を取る。肺の潤いを補う。また薬物、食物の中毒を解毒し、諸薬を調和する。
・大棗、生姜、甘草の3味の組み合わせは、古来より多用されており、自律神経系の調整と自然治癒力の回復に役立っているとされている。
・益母草は、オキシトシン(注2)類似作用があり、子宮粘膜の充血を促進させる牡丹皮と組んで、産後の出血、悪露残存などの諸症状を改善する。
・艾葉は、体を温めて冷えを除く作用と、止血作用がある。
・桃仁と牡丹皮は、うっ血や瘀血を除き、静脈のうっ血による病変を伴う疾患を治す。牡丹皮には、さらに抗炎症作用がある。
・桃仁、牡丹皮、紅花、益母草、牛膝は、瘀血を除いて卵管や子宮の環境を良くする。
・当帰、川芎、桂枝、生姜は、体の表裏を温める。
・烏薬、木香、延胡索は、鎮痛作用により生理痛を治す。
・烏薬、香附子、枳実、陳皮は、健胃作用があり、気うつやストレスを治す。

(注1)瘀血(おけつ)は、血液の流れが、何らかの原因で滞ってしまった状態である。瘀血によって、皮膚の黒ずみ、シミ、肩こり、しこり、頭痛や生理痛などの痛みなどの症状が現れる。

(注2)オキシトシン:分娩時の子宮収縮を促進し、また乳腺の筋線維を収縮させて乳汁分泌を促す。臨床では子宮収縮薬や陣痛促進剤として使用される。
子宮収縮作用があるので、産前や妊娠安胎薬としては不可である。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする