桂枝茯苓丸料加薏苡仁

桂枝茯苓丸料加薏苡仁

商品説明

①瘀血(注1)、②月経不順、③にきび
瘀血を有する者のにきびや子宮筋腫に用いる。

(注1)瘀血(おけつ)は、血液の流れが、何らかの原因で滞ってしまった状態である。瘀血によって、皮膚の黒ずみ、シミ、肩こり、しこり、頭痛や生理痛などの痛みなどの症状が現れる。

※組成
桂枝(けいし):クスノキ科、解表薬 — 発散風寒薬/温
茯苓(ぶくりょう):サルノコシカケ科、利水滲湿薬 — 利水消腫薬/平
牡丹皮(ぼたんぴ):ボタン科、清熱薬 — 清熱解毒薬/微寒
桃仁(とうにん):バラ科、活血化瘀薬 —活血調経薬/平(小毒)
芍薬(しゃくやく):ボタン科、補虚薬 — 補血薬/微寒
〜以上、「桂枝茯苓丸」〜
薏苡仁(よくいにん):イネ科、利水滲湿薬 — 利水消腫薬/寒
駆瘀血剤の桂枝茯苓丸に皮膚甲錯(きふこうさく:皮膚が滋潤を失いカサカサしている症状)を目標とする薏苡仁を加味したもの。

※生薬の解説
・桂枝は、血行を良くして、瘀血の除去作用を助ける。
・茯苓は、消化管や、関節内の水、筋肉内の浮腫、組織間の水など、過剰な水分を血中に移行させて利尿する。
・桃仁と牡丹皮は、うっ血や瘀血を除き、静脈のうっ血による病変を伴う疾患を治す。牡丹皮には、さらに抗炎症作用がある。
・芍薬には、筋肉の異常緊張を和らげる作用があり、腹痛や筋肉痛を治す。
・薏苡仁は消炎利尿、鎮痛、排膿などの作用があり、末梢血管拡張作用、抗ウイルス作用も報告されている。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする