呉茱萸湯

呉茱萸湯

商品説明

①片頭痛、②四肢の冷え、③心窩部の痞え
片頭痛の第一選択薬である。発作性の激しい頭痛と嘔吐、四肢の冷えと心窩部の痞え、首の凝りの症状に用いる。しゃっくりにも効果がある。

※組成
呉茱萸(ごしゅゆ):ミカン科、温裏薬/熱(小毒)
人参(にんじん):ウコギ科、補虚薬 — 補気薬/微温
大棗(たいそう):クロウメモドキ科、補虚薬 — 補気薬/温
生姜(しょうきょう):ショウガ科、解表薬— 発散風寒薬/微温

※生薬の解説
・呉茱萸は半夏のように悪心、嘔吐を抑える作用、乾姜や生姜のようにお腹を温める作用、茯苓や白朮のように胃の中の余分な水を除く作用、枳実のように消化管の蠕動をスムーズにする作用などがある。
・人参は胃の痞えや痛みを抑える作用がある。
・大棗には、鎮静、鎮痙作用がある。
・生姜は内部を温める温裏(注1)作用を持ち、また胃中の湿を除く。

(注1)温裏(おんり):皮膚や筋肉に対し、裏は体内にある臓腑を指す。温裏は臓腑を温める治療法である。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする