柴胡桂枝乾姜湯

柴胡桂枝乾姜湯

商品説明

①口渇、②頭部の汗、③胸脇が痞えて苦しい
身体虚弱で、胸脇が痞えて苦しく、食欲が無く、身体上部の発汗、咳などの症状がある者に用いる。

※組成
柴胡(さいこ):セリ科、解表薬 — 発散風熱薬/微寒
桂枝(けいし):クスノキ科、解表薬 — 発散風寒薬/温
栝楼根(かろこん)= 天花粉:ウリ科、清熱薬 — 清熱瀉火薬/微寒
黄芩(おうごん):シソ科、清熱薬 — 清熱燥湿薬/寒
牡蠣(ぼれい):カキ科、平肝熄風薬 — 平抑肝陽薬/微寒
甘草(かんぞう):マメ科、補虚薬 — 補気薬/平
乾姜(かんきょう):ショウガ科、温裏薬/熱

※生薬の解説
・柴胡は、イライラ、緊張、不安、憂鬱などの精神的ストレスを解消する。またストレスに伴う自律神経支配領域の運動機能異常や、背部、胸脇部の筋緊張による膨満感、違和感、凝りなどを治す。
・柴胡と黄芩にはマイルドな消炎解熱作用がある。柴胡は表を、黄芩は裏を消炎解熱する。主に、喉、耳、気道、食道、胸部、心窩部などの炎症に用いられる。
・「桂枝—甘草」には、強心利尿作用(強心作用により腎血圧を上昇させて二次的に利尿作用を現す)があり、心悸亢進や気の上衝を抑制する。牡蠣にも鎮静作用があり、これらを合わせて、抗不安、鎮静、強心利尿作用により不安神経症を治す。
・栝楼根は、乾燥を潤す。また熱を取る作用や排膿して腫れを消す作用もある。
・乾姜と甘草は体内を温める。乾姜は主にお腹が温めて、冷えによって起こる腹痛、下痢、悪心、嘔吐などを治す。また甘草は冷えによる腹痛を治すために乾姜と合わせて用いられる。

商品金額・容量等

商品金額:要相談
服用量(数量):要相談

この商品について相談をする